中国語でドラえもんを聴こう「暗記パン」:中級リスニングの方法

慣れ親しんだ古き良き日本のアニメを中国語で聴こう!

個人的にドラえもんは非常に語学の勉強がやりやすいので、私は中国語だけでなくインドネシア語学習でも重宝していました。リスニング大好き。楽しめるリスニングを!

使われている文法は複雑でないものが選ばれています。さらに一文も長くないし、会話の中で同じ単語が何度も出てくる。リスニングには最適。発音もしっかりしている。

しかし内容や文法は難しくないのですが、ひとつ厄介なことがあります。

それはスピードです。

会話のスピードがネイティブと同じなのでとっても速く感じませんか?この速さの中国語がスッと耳に入ってきたら、中国や台湾でも日常会話がまぁまぁ聴き取れるレベルです。

中級の始めあたりの学習者にとってはかなり速いと思います。字幕を追うのもいっぱいいっぱいかもしれません。

さあ、でも最初は誰でも難しいのだ。やってみましょう!お勧めのやり方はこちら。

 

第一段階:2倍速で字幕を追いながら聴く

私がよくやっていた効率のよいリスニングの勉強法はコツは「最初はさらに速くして聴くといいよ!」ってやつ。聴き取ることを目的とするのではなく、まずは耳を慣らすことを目的として聴くのです。まず音に慣れなければ聴き取れません。

まずは2倍速か1,5倍速で何回か聞く→全然理解できない、でもOK→耳を鳴らして次は普通の速さに戻して聴く→けっこうはっきり聞き取れる。これを繰り返す。

そのあと0,7倍とか遅いスピードにして聞くとあら不思議、完璧に聞き取れるじゃないの!?

そのうちに普通のスピードが普通に聞き取れているようになります!

 さあ、さっそく始めましょう!

youtu.be

 

第二段階:ストーリーをチェック→文や単語をチェック

どこでもドアやタケコプターと違って、ドラえもんのストーリーにたった1回しか登場しない「暗記パン」。でもその強烈な印象から覚えている人も多いはず。そしてもし中国語が全く分からない人でも映像だけでストーリーが理解できるだろうし、何をわめいているのか、何について会話してるのかだいたいの予測もつきます。

ストーリー展開が理解出来たら次は細かい単語をチェック。わからない単語の意味を調べる作業。これは全部でなくてもいいです。また、知ってるけど読めない、つまりピンインがわからない単語もちゃんと調べておいたほうがいい。会話のために。

ちなみに次の単語は私がさっき見て調べた単語の記録。↓
ついでに憶えちゃえという応用編もついでによく見ます。これで一石二鳥

1.擤鼻涕(Xǐng bítì)=鼻をかむ

流鼻涕 (Liú bítì )=鼻水をたらす
把鼻涕抽起来 (bǎ bítì chōu qǐlái)=鼻をすする
挖鼻孔 (wā bíkǒng)=鼻をほじる

2.撕(Sī )=破く

撕笔记本(Sī bǐjìběn)=ノートを破く
撕得粉碎 (Sī dé fěnsuì)=ビリビリに破く
把信撕开 (bǎ xìn sī kāi)=手紙を破いて開ける
撕成两半 (sī chéng liǎng bàn)=真っ二つに破く

3.吃饱撑着(Chī bǎo chēngzhe)=満腹

我肚子撑的都已经不能动了=満腹でもう動けないよ~(6:32・のび太)

4.灌(Guàn)=1.注ぐ 2.注入する 3.録音する、吹き込む

把水灌下去(Bǎ shuǐ guàn xiàqù)=水をそそぐ
那就用水灌下去(nà jiù yòngshuǐ guàn xiàqù)=そんなら水で流し込め!(7:00・ドラえもん。おなかがいっぱいで動けないのび太に暗記パンを水と一緒に無理やり流し込もうとするシーン)

 

私がとても大事だと思っているのは勉強の順序。必ず全体、つまり大きな枠組みから細かい枠組みの順番でやっていく。これは研究の世界でも基本中の基本。

今回のどらえもんでいうなら、大きな枠組み(全部通して何回か聴く、ストーリー全体を理解する)→小さな枠組み(一つ一つの文や単語をチェック)の順番です。

一番効率がわるいのは最初から一字一句理解しようとし、その都度分からない単語を調べたり、最初の会話からいちいち止めて字幕を写したりすること。リスニングを完璧に理解するために必要!と考える人がいますがこれほんと時間の無駄。

日本人は「写す作業」が大好きな人種です。そして効率の悪い作業も大好きです。なぜなら学校でそういう教育を受けてきたから。でもまさか、この10分の映像のすべての会話の字幕を写そう、そしてそのあと聴けば理解度が上がると考える人がいたら絶対途中で嫌になる。勉強も続きません。

全部理解しなくていいんです。このシーンでどんな会話をしてたな、とかこんな単語をこの場面で使っていた、なんていう記憶が残るほうが効率的なんです。

リスニングではとにかく、上記の第一段階と第二段階を順番にやることをおすすめします。第三段階で実際にどらえもんやのび太と一緒に発音するのもお勧めしますよ(でもこれはもっと大変な作業)。

 登場人物(登场角色)

・ドラえもん=哆啦A梦(Duō la A mèng)

・のび太=大雄(dàxióng)

・しずちゃん=静香(jìngxiāng)

・スネ夫=小夫(xiǎo fū)

・ジャイアン=胖虎(pàng hǔ)