中国のブログで見かけた記事から単語を勉強1

ネット記事を読んでいて、初めて見た単語や面白かった単語をランダムに紹介します。なお単語の翻訳は私が、記事の前後の文を読んだうえでこんな感じが適してるかな~?と考えながらやっています。例文も載せているのでこんな使い方をしてるんだ、と参考になればうれしいです。

 

1.粘妻狂魔(zhān qī kuáng mó )

意味:妻に対する執着魔の男性って感じでしょうか。妻にべったり魔とかストーカー狂とも訳せそうな。

例文:是不是万万没想到?他什么时候变粘妻狂魔啦?

この単語は台湾のスーパースタ―歌手、周杰伦が14歳下のオーストリア国籍の女優との結婚を扱っている記事で見かけました*1
記事の中では、インタビューやテレビではクールでたくさん話すことを好まなかった周杰伦が、妻との結婚後はとても明るくおしゃべりになった。またプレイボーイとして名を馳せていた彼は過去に堂々たる女優や歌手たちと交際していた。でも彼女たちに対する愛は決して表では見せなかったのに、妻との交際中だけは周杰伦が周りにアピールするかのように彼女にメロメロな様子を随時公開していたという。

こんな感じで結婚後の彼の変化を指摘し、周杰伦はいつから粘妻狂魔になったんだ!?という流れで出てきた単語。4文字中3文字がなんとなくネガティブな印象を抱かせるのでストーカー狂がふさわしいのかも。

ちなみによく似た単語で「宠妻狂魔」という言葉もありますが、こちらは愛妻家、というか妻をとっても宝物のように大事にしているというポジティブな意味にとらえることができそう。

しかし最後の2文字「狂魔」がつくとちょっと妻への愛や執着がやりすぎ感が出ている男性にして使うような感じもします。でも冗談でも使えそう。

粘妈狂魔=マザコンみたいにも使えるんでしょうか。執着はこわいです。

 

 2.被质疑假唱  (Bèi zhíyí jiǎ chàng )

意味:口パクを問い詰められる

例文:她在演唱时,现场居然出现了歌曲原声,被网友质疑假唱。

ずいぶん長い間第一線で活躍する実力派人気台湾グループS.H.E.の17周年コンサートの生放送で、3人グループの中の一人が明らかに口パクをしていたという記事。*2
彼女たちは認めて謝罪しています。

実際、コンサートはすべて「真唱」つまり生声で歌ったそうですが、放送の時に意図的に別の歌声を流したそう。つまり映像の中の彼女は口パクではないが、別の音声にすり替えられていたということですね。

しかし「問う」という意味の動詞に「质疑」を持ってくるのは適していると思いますね。質問するだけじゃなく疑ってる感満載で、「假唱」という単語にぴったり。それぞれの単語に一番適した動詞の使い方も勉強したいです。

 

3.实锤 (Shí chuí)

意味:逃れようのない事実、確固たる証拠。

例文:被很多人作为确认假唱的实锤了。

これも上記の記事の中から。テレビ側が口パク疑惑を受けて言い訳文を発表したことから、口パクはまぎれもない事実だと断定した。

実は「实锤」という単語はインターネット上でよく使われる新しい用語らしい。少なくとも2014年以降に出てきた言葉だとか。*3

きっと色々な有名人のスキャンダルの証拠写真とかビデオが出回るたびに使われてたんでしょうね。似た単語に「石锤」と「铁锤」があります。絶対に動かない証拠、鉄の事実、みたいな硬いものを比喩した単語。この単語は色々使えそうですね。

機会があればどんどん使おう。