【読解】中級ドイツ語ニュース7:電車ストライキ”Bahn-Streik“【動画解説あり】

こんにちは!今日のニュースはドイツでよく起こる列車のストライキについてです!しょっちゅう電車ストライキが起きるドイツ。日本では会社(雇う側)が圧倒的に強いイメージがありますが、ドイツでは雇われる側にも主張する権利があります。

鉄道社員の給料の値上げ問題は、何年も前から何度もストライキが起こり、何度か主張が通って値上げが実現しています。

ドイツ語の読解はきっちり手順どおりにやれば難しくないよ!!

ドイツ語読解の基本

1.動詞を探す(だいたい文の2番目か最後)

2.その動詞の時制を見る

3.文の中に二つ目、三つ目の動詞があれば探す(補助動詞、助動詞など)

4.主語と目的語を探す

5.文の全体を理解する

 

※具体的なドイツ語読解のやり方は動画で説明していますのでご覧ください。

www.youtube.com

 1.ドイツ語全文

Bahn-Streik

Mitarbeiter von der Deutschen Bahn haben am 10. Dezember gestreikt: Viele Züge und S-Bahnen in Deutschland sind nicht gefahren.

Der Warn-Streik hat zwar nur einige Stunden gedauert. Aber die Züge hatten den ganzen Tag Verspätungen. Viele Menschen haben in den Bahnhöfen gewartet.

Die Gewerkschaft EVG hat den Streik organisiert. Sie fordert mehr Geld für die Mitarbeiter von der Bahn. Die Gewerkschaft droht: Wenn die Bahn-Chefs kein besseres Angebot machen, wird wieder gestreikt. Auch die Gewerkschaft von den Lok-Führern will mehr Geld für die Mitarbeiter.*1

 

 2.おおまかな要約 

12月10日、ドイツで列車と路面電車のストライキがあった。ストライキの警告(小さなストライキ)は数時間だったが、鉄道は1日ストップし、たくさんの人々が駅で待つ姿があった。ストライキを組織した鉄道交通労働組合は、給料のより良い条件の提案がなかった場合、さらにストライキを繰り返すと脅した。さらに運転手に対しても給料を上げるよう、要求をしている。

3.文を読解する

・Mitarbeiter von der Deutschen Bahn haben am 10. Dezember gestreikt: Viele Züge und S-Bahnen in Deutschland sind nicht gefahren.

1.動詞:gestreikt(streiken)= ストライキをした

2.補助動詞:haben

3.誰が?:Mitarbeiter von der Deutschen Bahn = ドイツ鉄道の社員たち

4.いつ?:am 10. Dezember = 12月10日

5.全文:ドイツ鉄道の社員たちが12月10日にストライキを起こした。

―――

1.動詞:gefahren(fahren)= 走った

2.補助動詞:sind(sein)

3.何が?:Viele Züge und S-Bahnen = たくさんの電車と路面電車

4.全文:ドイツではたくさんの電車と路面電車が走らなかった(ストップした)。

☆☆

・Der Warn-Streik hat zwar nur einige Stunden gedauert. 

1.動詞:gedauert(dauern)= 続いた

2.補助動詞:hat

3.何が?:Der Warn-Streik = ストライキの警告

4.どのぐらい?:nur einige Stunden = たった数時間

5.全文:ストライキの警告はたった数時間しか続かなかったけど・・・・

※zwar~、aber~ = ~だけど、でも~

☆☆

・Aber die Züge hatten den ganzen Tag Verspätungen.

1.動詞:hatten(haben)= 持った、あった

※Verspätungen haben = 遅れる

2.何が?:die Züge = 列車

3.どのぐらい?:den ganzen Tag = 一日中

4.全文訳:・・しかし列車は一日中遅延した。

☆☆

・Viele Menschen haben in den Bahnhöfen gewartet.

1.動詞:gewartet(warten)= 待った

※ warten auf~ = ~を待つ

2.誰が?:Viele Menschen = たくさんの人々

3.どこで?:in den Bahnhöfen = 駅で

4.たくさんの人々が駅で待っていた。

☆☆

・Die Gewerkschaft EVG hat den Streik organisiert.

1.動詞:organisiert(organisieren)=組織した、仕組んだ

2.補助動詞:hat

3.誰が?:Die Gewerkschaft EVG =鉄道交通労働組合

4.何を?:den Streik = ストライキ

5.全文:鉄道交通労働組合がストライキを組織した。

※EVG=Eisenbahn- und Verkehrsgewerkschaft

☆☆

・Sie fordert mehr Geld für die Mitarbeiter von der Bahn.

1.動詞:fordert(fordern)=要求する

2.誰が?:sie

3.何を?:mehr Geld = さらなるお金

4.誰に対して:für die Mitarbeiter von der Bahn = 鉄道の社員

・Die Gewerkschaft droht: Wenn die Bahn-Chefs kein besseres Angebot machen, wird wieder gestreikt. 

1.動詞:droht(drohen)= 脅す、脅迫する

2.一つ目の文:労働組合は脅している

―――

1.動詞:machen = する

2.誰が?:die Bahn-Chefs = 鉄道会社の社長

3.何を?:besseres Angebot = よりよい提案

4.2番目の文:もし鉄道会社の社長がよりよい提案をしないなら、

―――

1.動詞:gestreikt(streiken)

2.補助動詞:wird(passiv)

3.wieder = また、再び

4.3番目の文:再びストライキされる。

――――

全文:労働組合は、もし社長がよりよい提案を出さないようなら再びストライキが起こる、と脅した。

☆☆

・Auch die Gewerkschaft von den Lok-Führern will mehr Geld für die Mitarbeiter.

1.動詞:will(wollen)= 希望する

2.誰が?:die Gewerkschaft von den Lok-Führern = 運転手の労働組合

3.何を?:mehr Geld  = よりよい給料

4.誰に?:für die Mitarbeiter = 社員に対し

5.全文:また運転手労働組合も社員への給料引き上げを希望している。

☆☆

f:id:nanapupst:20181220164311j:plain

電車などたくさんの住民の生活に支障が出るストライキの場合、通常は数日前から情報が流されます。駅の掲示板に「〇日はストライキのため一日列車が走りません」と出ていたりします。ストライキがあった場合、車は自転車を持っていない人は大変。

しかしドイツの長距離列車はストライキ以外にも、頻繁に遅延があり、そのせいで乗り継ぎができなかったり長く待たされたり、また料金を返してもらえなかったりといったトラブルがよく起こります。

それでも乗客は誰一人声を荒げて怒ったりしない。

「またか~」「不便だけどしょうがないな~」と軽くため息をついたり、誰かに電話したり冷静に対処法を考えます。

ストライキがあっても
「こっちはお客なんだ!おたくがストライキとか客のこと考えてない!」みたいな主張をする人はいない。「仕事でも不満があったらストライキする権利がある」と誰もが思っているのですね。

このストライキの結果はこちら:

www.gengo-kotatsu.com

 

www.youtube.com

 

ナナ・マルチリンガルのYoutubeチャンネルはこちらから!ドイツ語ニュースのほかにもドイツ語の単語や文法、表現法の動画がたくさんあります。

www.youtube.com