【読解】中級ドイツ語ニュース12:新年の挨拶“Neujahrs-Ansprache“【動画解説あり】

今日の読解はメルケル首相の演説についてです。数年前、私はChemnitzという町でドイツ語のDSH試験を受けたのですが、その時のリスニング内容がその年にハンブルクメッセであったメルケル首相の演説そのまま出題されました。

今回のニュースは簡単にまとめてありますが、DSH試験を受ける予定の人はこれぐらいのレベルの聴き取りを目指しましょう。

 

 

ドイツ語の読解はきっちり手順どおりにやれば難しくないよ!!

ドイツ語読解の基本

1.動詞を探す(だいたい文の2番目か最後)

2.その動詞の時制を見る

3.文の中に二つ目、三つ目の動詞があれば探す(補助動詞、助動詞など)

4.主語と目的語を探す

5.文の全体を理解する

 

※具体的なドイツ語読解のやり方は動画で説明していますのでご覧ください

www.youtube.com

 1.ドイツ語全文

Neujahrs-Ansprache

Bundes-Kanzlerin Merkel hat zum Jahres-Wechsel eine Rede gehalten. Die Rede heißt auch: Neujahrs-Ansprache. Merkel hat gesagt: Die Länder müssen zusammen-arbeiten, wenn sie große Probleme lösen wollen.

Merkel hat 3 Themen genannt, die sie dabei besonders wichtig findet: den Klima-Wandel, die Migration und den Terrorismus.

Sie hat gesagt: Wenn Länder zusammenarbeiten, ist das auch besser für jedes einzelne Land.

Merkel hat auch über Streit zwischen Parteien und Politikern gesprochen. Sie hat gesagt: Viele Menschen in Deutschland haben sich deshalb über die Bundes-Regierung geärgert. Merkel hat auch gesagt: 2018 war ein schwieriges Jahr.

Die Menschen in Deutschland konnten die Neujahrs-Ansprache im Radio hören oder im Fernsehen anschauen.*1

 

 2.おおまかな要約 

メルケル首相が新年の挨拶を行った。その中で特に重要だとされる3つの問題を明示した。気候変動、移民問題、テロだ。それに立ち向かうためにはすべての国が協力する必要があることを強調した。また、政党と政治家の論争があり、国民の怒りを買ったことに対しても言及し、2018年を困難な年だったと振り返った。

3.文を読解する

・Bundes-Kanzlerin Merkel hat zum Jahres-Wechsel eine Rede gehalten. 

1.動詞:gehalten(halten)

※eine Rede gehalten = 演説をする

2.補助動詞:hat 

3.誰が?:Bundes-Kanzlerin Merkel = メルケル首相

4.いつ?:zum Jahres-Wechsel = 新年

5.全文:メルケル首相が新年の演説を行いました。

☆☆

・Die Rede heißt auch: Neujahrs-Ansprache.

1.動詞: heißt(heißen)= ~という

2.全文:その演説は新年のあいさつと言います。

☆☆

・Merkel hat gesagt: Die Länder müssen zusammen-arbeiten, wenn sie große Probleme lösen wollen.

→ wenn sie große Probleme lösen wollen.

1.動詞:lösen = 解決する

※ Probleme lösen = 問題を解決する

2.助動詞:wollen = ~したい

3.誰が?:sie

4.全文:もし彼らが問題を解決したいのなら~・・・

→ Die Länder müssen zusammen-arbeiten

1.動詞:zusammen-arbeiten = 協力する

2.助動詞:müssen = ~しなければいけない

3.誰が?:Die Länder = 国々

4.全文:もし問題を解決したいのなら、国々は協力しあわなければならない、とメルケル首相は言及しました。

☆☆

・Merkel hat 3 Themen genannt, die sie dabei besonders wichtig findet: den Klima-Wandel, die Migration und den Terrorismus. 

 1.動詞:genannt(nennen)= 明示する

2.補助動詞:hat

3.誰が?:Merkel

4.何を?:3 Themen = 3つの議題

5.メルケルは3つの課題を明示した。

――――

1.動詞:findet(finden)= 考える

2.誰が?:sie

3.besonders wichtig = 特に重要な

4.全文訳:メルケル首相は、特に重要だと考える3つの問題を明示した:気候変動、移民、そしてテロである。

☆☆

・Sie hat gesagt: Wenn Länder zusammenarbeiten, ist das auch besser für jedes einzelne Land.

1.全文:メルケル首相は、もし国々が協力して取り組めば、それは個々の国にとってもよっぽど良いと言及した。

☆☆

・Merkel hat auch über Streit zwischen Parteien und Politikern gesprochen.

1.動詞:gesprochen(sprechen)= 話した

2.補助動詞:hat

3.誰が?:Merkel

4.何について?:über Streit zwischen Parteien und Politikern = 政党と政治家の論争

5.全文:メルケル首相はまた、政党と政治家の論争についても触れました。

☆☆

・Sie hat gesagt: Viele Menschen in Deutschland haben sich deshalb über die Bundes-Regierung geärgert. 

1.動詞:sich geärgert(sich ärgern)= 怒った

2.補助動詞:haben

3.誰が?:Viele Menschen in Deutschland = たくさんのドイツ人

4.何について?:über die Bundes-Regierung = 中央政府について

5.全文:彼女は多くのドイツ人が連邦政府に対して怒った、と発言した。

☆☆

Merkel hat auch gesagt: 2018 war ein schwieriges Jahr.

メルケルは、2018年は困難な年だったとも言った。

☆☆

・Die Menschen in Deutschland konnten die Neujahrs-Ansprache im Radio hören oder im Fernsehen anschauen.

1.動詞:hören=聞く、 anschauen=見る

2.助動詞: konnten(können)= ~ができる

3.誰が?:Die Menschen in Deutschland =ドイツ国民たちは

4.何を?:die Neujahrs-Ansprache = 新年の挨拶

5.どこで:im Radio oder im Fernsehen = ラジオやテレビで

6.全文:ドイツ国民は新年の挨拶を、ラジオで聴いたり、テレビで見ることができた。

 

メルケル首相の2019年新年の挨拶はこちらから聴けます。(ドイツ語字幕付き)

www.youtube.com

個人的にメルケル首相の話し方ははっきりしていて聴き取りやすいと思います。

ナナ・マルチリンガルのYoutubeチャンネルはこちらから!ドイツ語ニュースのほかにもドイツ語の単語や文法、表現法の動画がたくさんあります。

www.youtube.com