人間の出す音

色々な国の友だちを見ていると

常識とはほんまに
18歳までに身に着けた偏見のコレクションなのだ(アインシュタイン)
“Gesunder Menschencerstand: eigentlich nur eine Anhäufung von Vorurteilen, die man bis zum 18. Lebensjahr erworben habt.“

と思うことが多い。

人間が出す音で例をあげてみると
たとえば日本人としての私の感覚だと

おならやゲップは
まあ聞いてて気持ちよくはないので
まず人前ではしないが

中国や台湾では外や友達の前でゲップをするのはごく普通で
誰も何も思わないみたいだし

実際、昨日も家に遊びにきた台湾人の友達(女性)は
食事中に何度もゲップしていた。

また、口をあけて
くちゃくちゃと鳴らしながら食べるのは
私は下品だなと感じるけれど

韓国人はとわざと鳴らすことで
「おいしい」の表現をしているという。
つまり、なるべく大きく鳴らすべきらしい。


そして
私がドイツで個人的に感じたことは

ドイツ人は人間の鳴らす音にかなーり敏感だ。
ということです。
人間の身体から出る音以外も、物を操る時もゆっくりそーっとやっているイメージ。
”急ぐ”っていう概念もあんまりないからかもしれない。

モノも丁寧に扱う。

そばやラーメンをすする音が苦手な西洋人が多いのは
きっと周知かと思いますが
他にも
日本人が普通がする行為で
西洋人にとってはNGなのが

鼻をすすること。

そのおかげで私は今では
日本にいても鼻をすすることができなくなってしまいました。

友だちのケビンは
すすることで鼻水が体に入るわけだから
汚いと思うのは論理的なんや
すするのはまじで無理
と言っていました。

いかにも合理派ドイツ人らしい言い分です。

また他の友だちピエールが言うてたのは
爪を切る音もアカンらしい。

そういえばここにはめったに爪切りという商品が売っておらず
私はしょうがないから日本から持ってきたのですが
なるほど
あのパチンパチンという音が苦手らしい。
(私はむしろ爽快)

ちなみにピエールは
噛みちぎって爪を短くしているのでそっちのほうが驚きです。。。
枕もとを観察したら綺麗に円をかいてちぎられた爪の残骸が
たくさんあってカルチャーショックというよりこれ、なんか心理的に問題あるやろ?と思いました。(ただの幼い頃からの習慣らしいです)



他には
くしゃみなんかもわりと静かにしたり
かゆくなっても体のどこかをボリボリと掻いたりすることが
極端に少ないということを観察していると発見しました。

腕を掻いたら、自分の肌をいじめるなと言われたこともあります。


しゃべる以外はわりと静かで
上品な感じがしますが

こんなけ色々敏感なくせに

なんでやねん!?

と思うことが一つ。


それは

鼻をティッシュでおもっきり

ズビーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!

と噛むこと・・・。


授業中にも電車の中でも

やってるやってる!

ズビーーーーーーーーーーーッ
の人もおるし

ズビッ!ズビッ!
の人もおるし

ズブブブブブ!!
の人もおるしで

様々な効果音を出しながら、色んな噛み方をしている。
彼らの鼻のかみ方に共通していることは

勢いがなにより大事

ということだ。結果、音がすごいことになる。


そばで聞きながら
あんたらそれ、うるさいし、キモイ (;´༎ຶٹ༎ຶ`)

と最初は思っていた私も今は
普通にやっています。

スカッとするのでおすすめですよ!

 

自分の国の常識と幼い頃からの独自の習慣の組み合わせでできている状態って、ホントに一人一人感じ方が違ってあたりまえだなと思いますよね。自分は自分、他人は他人とそっと受け入れることが、人同士の距離を近くすることは間違いありません。