ドイツ語文法2:動詞の現在人称変化のすべて~規則&不規則動詞の完全版~

ドイツ語の動詞、現在人称変化を一気に全部網羅します。独学もできるように最も基礎的なことから、説明していきます。

動詞の現在人称変化を習得すると、「私は仕事をする」とか「ご飯食べる?」といった、自分や他人の現在の行動をドイツ語で伝えることができるようになります。

さらに、「私は勉強している」といった現在進行形も、同じ形で言うことができるようになります。

日本語では人称代名詞によって動詞が変化することはないため、違和感を感じたり最初はよく間違えたりしますが、それはドイツ語学習者の誰もが通った道。何度も練習してのりこえていきましょう!

 

1.動詞の形

そもそもドイツ語の動詞ってどんな形してるの?適当に動詞を並べてみました。 

f:id:nanapupst:20190110142501p:plain

そう、語尾のすべてに「n」があり、ほとんどの語尾には「en」がついています。この形を動詞の原形といいます。

f:id:nanapupst:20190110143122p:plain
今回勉強する現在人称変化では、語尾の「en」または「n」が、「わたし」や「わたしたち」といった人称代名詞によって決まった変化をします。

赤の「en」の部分を語尾、その他の黒い部分を語幹(Wortstamm)といいます。

2.規則動詞と不規則動詞の違い

現在人称変化には規則動詞と不規則動詞があります。 規則動詞と不規則動詞の違いは

語幹(Wortstamm)が人称代名詞によって変化するかしないか、です。つまり語尾は規則動詞も不規則動詞も同じ変化をします。

それでは規則動詞から見ていきましょう。語尾のみが規則的に変わる動詞です。

 

3.規則動詞の現在人称変化

f:id:nanapupst:20181219175347p:plain

語尾が変化しています。Wir (一人称複数)とSie(三人称複数)は常に原形と同じなので覚えやすいですね!

どの動詞でも同じ語尾の変化をします。覚えるための魔法の言葉は・・語尾だけを並べて

est-ten-ten

だよ。上の表の線を引いてある部分をくっつけた言葉だよ。私はドイツの語学学校でこう習いました。これを唱えながら覚えよう! 

 

あらためて文にして意味をみるとこうなります。

・Ich lerne. = 私は勉強する。

・Du lernst. = あなたは勉強する。

・Er/Sie lernt. = 彼/彼女は勉強する。

・Wir lernen = 私たちは勉強する。

・Ihr lernt. = あなたたちは勉強する。

・Sie lernen. = 彼らは勉強する。

 

疑問形にする場合は、この2つをひっくり返すだけ。

・(Lerne ich?)

・Lernst du? = あなたは勉強する?

・Lernt er/sie? = 彼/彼女は勉強する?

・Lernen wir? = 私たち勉強する?

・Lernt ihr? = あなたたちは勉強する?

・Lernen Sie? = 彼らは勉強する?

※これは「今から勉強する」というニュアンスが強いです。つまり今の時点ではまだ勉強していない。

※「今」という意味のドイツ語 “jetzt” を入れても同じです。今から勉強する(まだしてない)という意味になります。

―――――――――

ちなみに、「今勉強している」という進行形をあらわすには“gerade”を入れます。

・Ich lerne gerade. = 私は勉強している。

・Du lernst gerade. = あなたは勉強している。

・Er/Sie lernt gerade. = 彼/彼女は勉強している。

・Wir lernen gerade. = 私たちは勉強している。

・Ihr lernt gerade. = あなたたちは勉強している。

・Sie lernen gerade. = 彼らは勉強している。

 

疑問形も。

・(Lerne ich gerade?)

・Lernst du gerade? = あなたは勉強してる?

・Lert er/sie gerade? = 彼/彼女は勉強してる?

・(Lernen wir gerade?) 

・Lernt ihr gerade? = あなたたちは勉強してる?

・Lernen sie gerade? = 彼らは勉強している?

――――――

ちなみに誰かと一緒に勉強するとき、“Lernen wir jetzt?”=私たち(一緒に)勉強する?などと聞くことはありますが、“Lernen wir gerade?”=私たち勉強してる?とは聞きません。自分が何してるかわからないシチュエーションなんてまぁないですからね。

 

他の規則動詞もたくさんあるよ!良く出てくる動詞をあげてみました。

-baden:お風呂に入る

-brauchen:必要とする

-danken:感謝する

-duschen:シャワーあびる

-feiern:祝う

-fragen:尋ねる、質問する

-frühstücken:朝食を食べる

-glauben:信じる、思う

-holen:取る、取ってくる

-hören:聴く

-kaufen:買う

-kochen:料理する

-kosten:費やす、味わう

-lächeln:微笑む

-lachen:笑う

-leben:住む、生きる

-lieben:愛する

-malen:絵を描く

-machen:する

-packen:包む

-putzen:掃除する

-rauchen:吸う

-regnen:雨が降る

-reisen:旅行する

-sagen:言う

-schenken:贈る

-schmecken:味わう

-schneien:雪が降る

-spielen:遊ぶ

-suchen:探す

-tanzen:踊る

-trocknen:乾かす

-wandern:ハイキングする

-warten:待つ

-wohnen:住む

などなど。

 

4.小さな変化をする規則動詞

 動詞の語尾は規則動詞、不規則動詞にかかわらず、「est-ten-ten」の大原則で人称変化をします。

しかし発音の問題で、ほんの少し変化をする動詞があります。それは

1.語幹が「t」で終わる動詞

2.語幹が「s」で終わる動詞

 

1番目から例をあげてみましょう。

f:id:nanapupst:20190110144818p:plain

本来の法則なら語尾の「en」が取れて変化をするものでしたが、赤で示した3つの場所だけは「n」だけがとれて「e」がそのまま残ります。

もし本来の人称変化をあてはめると、たとえば「arbeitst」や「arbeitt」となり、どう発音していいのかわかりません。

同じ理由で2番目の例「s」の場合も挙げてみましょう。

f:id:nanapupst:20190110145319p:plain

「ß」は「ss」と同じ発音ですね。この場合は語尾が「st」と変化する二人称単数だけ、sがかぶりすぎるという理由で「t」だけが語尾につくことになります。「heißst」と規則通りにするとsssの発音になるからこちらも発音の仕方がわかりません。

この語幹が「t」か「s」で終わる2つのパターンがほんの少し発音にあわせた変化をするということでした。

 

5.分離動詞の場合

ドイツ語には分離をする動詞というものがあります。ここでも慣れておきましょう。

 たとえば

einkaufen = 買い物をする

という意味ですが

ein と kaufen は分離することができます。

“einkaufen”を例にとって分離動詞での文の作り方を紹介します。語尾はもちろん安定の「est-ten-ten」です。

分離動詞は、分離した最後のほう(kaufen)の単語を2番目の定位置へ、そして最初のほう(ein)は文の最後につけます。

・Ich kaufe ein. = 私は買い物をする。

・Du kaufst ein. = あなたは買い物をする。

・Er/Sie kauft ein. = 彼/彼女は買い物をする。

・Wir kaufen ein. = 私たちは買い物をする。

・Ihr kauft ein. = あなたたちは買い物をする。

・Sie kaufen ein. = 彼らは買い物をする。

 

疑問形

・(Kaufe ich ein?)

・Kaufst du ein? = あなたは買い物する?

・Kauft er ein? = 彼は買い物する?

・Kaufen wir ein? = 私たちは買い物する?

・Kauft ihr ein? = あなたたちは買い物をする?

・Kaufen sie ein? = 彼らは買い物をする?

※実際にこの聞き方をすることはとてもめずらしく、ふだんは“einkaufen gehen”と表現します。たとえば“gehst du einkaufen?”=(あなたは)買い物にいく?といった聞き方をします。しかし“kaufst du ein?”でも間違いではないよ!

その他の分離動詞

-abholen
-aufhören
-aufmachen
-durcharbeiten
-kennenlernen
-mitbringen
-zurückzahlen

6.不規則動詞

さて、これまでやってきた規則動詞は、語幹は一切変化がありませんでした。次に出てくる不規則動詞では、語尾は「est-ten-ten」の大原則で変化しますが、それだけでなく語幹までもが変化します。

語幹が変化するのは二人称単数と三人称単数。

つまり、規則動詞では二人称単数(du)と二人称複数(ihr)が同じ形だったのが、不規則動詞になると別の変化形になります。ここが意外と使いこなすことに苦労する部分だったりします。

不規則動詞には大きく分けて3種類の変化形があります。

1.ウムラウトに変化する系

2.「e」が「i」に変化する系

3.「e」が「ie」に変化する系

 

それでは実際に例をあげながら見ていきましょう。 まずは1のウムラウト系から。

1.ウムラウト系

f:id:nanapupst:20190110150213p:plain

二人称と三人称単数の「a」が「ä」に変化しています。二人称複数のihrの場合はそのまま!ウムラウト変化形の不規則動詞には、よく使う動詞がずらっと並んでいます。

f:id:nanapupst:20190110150334p:plain

 「寝る」とか、「何時に寝るの?」とかって相手にききたかったら当然、ウムラウト変化形で問いかける必要がありますよね。 たくさんつかって慣れましょう。

2.「e」が「i」に変わる系

これも非常によく使う動詞が出てきます。

f:id:nanapupst:20190110150549p:plain

 最初の「e」が見事に「i」に変化しています。ちなみに「isst」の発音は「ist」と全く変わらない。しかし、最初の「e」から変化するのはこの「essen」ぐらいで、普通は真ん中ぐらいにある「e」が変化するのが一般的です。こんな感じに。

f:id:nanapupst:20190110215530p:plain

「i」系の他の動詞はこちらです。こちらもよく使うものが多い。

f:id:nanapupst:20190110230441p:plain

 3.「e」が「ie」に変わる系

こちらも2にかなり似ています。が、発音が全然違います。こっちのほうが「i」が伸びた発音になります。

f:id:nanapupst:20190110150904p:plain

他の動詞はこちら。

f:id:nanapupst:20190110151009p:plain

 一つ空白なのは、その他はあまり使わない動詞だったから。つまりそんなにたくさんありません。しかし“見る”や“読む”はよく使うので要注意です。

 

以上、動詞の現在人称変化のすべてをお伝えしました。これは何度もつかっているうちに考えなくても出てくるようになります。

それまでは何度も繰り返し使って慣れましょう。応援しています!

動画解説もあります。耳で理解したい人にもおすすめ!

www.youtube.com

 

ナナ・マルチリンガルのYoutubeチャンネルはこちらから!ドイツ語ニュース、単語聞き流し、文法、表現法のドイツ語学習動画がたくさんあります。

独学できるように作ってありますのでぜひご活用ください!

www.youtube.com